レディ

手間のかかる賃貸管理は専門業者に依頼するべし

オーナーの負担を少なく

模型とお金

仕組みやメリット

一括借り上げとは、不動産会社がオーナーから、複数の賃貸物件を一括して借りるというサービスです。たとえば住戸が30あるマンションの場合、オーナーは基本的に30人の入居者を見つけ、それぞれと賃貸借契約を結ぶ必要があります。ところが一括借り上げを利用すれば、不動産会社に全ての住戸をまとめて借りてもらうことができます。その分入居者を見つける手間も、賃貸借契約を結ぶ時間もかけずに済むようになるのです。ただし一括借り上げでは、家賃は不動産会社が決めるというシステムになっています。そして不動産会社は、相場よりも1〜2割程度安い家賃で、オーナーから一括借り上げをするのです。その上で、借りた物件を相場通りの家賃で転貸し、差額を利益とするわけです。したがってオーナーに入ってくる家賃収入は、相場よりもやや安くなります。しかしそれでも、全住戸を借りてもらえるのですから、空室によって家賃収入が少なくなることは回避できます。もちろん転貸による賃貸経営が不振となっていた場合でも、オーナーには最初に約束された固定の家賃が支払われます。つまりオーナーは、契約期間内は安定した利益を得ることができるわけです。契約期間は10年となっていることが多いのですが、不動産会社によっては30年まで延長することが可能となっています。また、その間のリフォームや修繕を引き受ける不動産会社もあり、その場合はオーナーの負担は一層少ないものとなります。

Copyright © 2017 手間のかかる賃貸管理は専門業者に依頼するべし All Rights Reserved.